塗るタイプと飲むタイプ、どちらが優れた育毛剤なのか?

市販されている育毛剤や発毛剤は、大まかに分けて塗るタイプと飲むタイプのものがあります。


圧倒的に種類が多いのはリアップやアポジカなどに代表される塗るタイプのものです。
しかし、塗るタイプの育毛剤は塗り忘れてしまうことが多いという悩みをよく愛用者の方から聞きます。


逆いプロペやハツモールなどの飲むタイプの商品は、他のビタミン剤や薬などと一緒に摂取することになるので、忘れにくいという利点が。


私も薄毛に悩んでいる人間のひとりですので、書籍をはじめ様々な育毛クリニックやネットなどの情報を集めてきました。
情報を精査してたどり着いた結論としては「塗るタイプと飲むタイプの併用」です。


まぁ、当たり前の結果と言われてしまえばその通りなんですが、各々の薄毛の状態によって組み合わせるタイプも違います。頭頂部やM字などの分類ですね。


やっぱりアメリカFDAに認められている2つの成分という結論にたどり着きますね。
もちろん国内のM-1ミストであったり、リョウガなどといった血行をよくするタイプの育毛剤も優れているものはたくさんあります。
ですがそれらはサブ的な役割で使用するのがベストなやり方ではないでしょうか。
血行を良くするだけでは発毛までは至らないケースが多く、時間とお金の無駄になってしまいますから。
まずは塗りと飲みの両輪作戦でいくのが定石でしょう。


その対策でダメだったら植毛なり、高濃度の商品に変更するなりの対策を新たに立てていくと。
最後にインターネットで情報収集していて役立った比較サイトを紹介します。 シンプルなランキングサイトですが、ツボを抑えている構成になっているかと♪


まずは自分の薄毛の状態を正確に把握し、それにあった発毛剤を選択しましょう!(追記:2013年4月現在大分薄毛のコンプレックスも解消されてきましたよ☆やっぱり結果が出るのは一年くらいはかかりますね。目に見えて産毛が生えてきたのも半年くらい後ですから、根気と継続って大切ですわ。)